TRUST | トータルチューンナップ トラスト
トラスト応援キャンペーン

D1 GRAND PRIX SERIES Rd.3 レポートアップ

20150627_01

2015年グランツーリスモD1グランプリシリーズ第3戦参戦レポート

■開催日  2015年6月27日(土):単走 28日(日):追走
■開催地 つくばサーキット
■入場者 7,256 人(3日間)
【6月27日(土) 天候:くもり 路面:ドライ】
■単走予選 シード  ■単走決勝 2位
【6月28日(日)天候:晴れ 路面:ドライ】
■追走予選 シード ■追走決勝 優勝
【2015シリーズランキング】 1位(100ポイント)

3戦が茨城県の筑波サーキットで開催されました。
コース2000の第2ヘアピンから第1ヘアピンまでを逆走で行うレイアウトで、事前の走行会や前日練習でサスペンションを中心にベストセッティングを模索し、本番に挑みました。

今回も単走日は天候が安定せず午前中の練習走行はウェットで、セッティングを細かく調整しながらの走行となりましたが、DOSS採点ではトップスコアでした。
単走予選は免除のため決勝1本での勝負で、路面状況の変化への対応がカギとなりますが、天候が徐々に回復し、決勝はドライとなりました。最後の走者としてスタートし優勝も期待されましたが、やや控え目な走りで若干リズムを崩し、惜しくも2位という結果でした。

20150627_02
20150627_03

日曜日の追走はベスト16からのスタートで、まず最初の相手はシリーズランキング2位のYUKE’S チームオレンジ 末永(直)選手。先行、後追いともにイーブンでランク判定により勝利しました。
ベスト8ではTOYO TIRES with USED AUTO PARTS TADOKORO の田所選手と対戦しスピード差で相手がミスをする展開で勝利。

20150627_04
20150627_05

続くベスト4ではGOODYEAR Racing with ORIGIN Labo. 唄選手とのお互いが信頼し合う迫力ある接近戦で観客を沸かせての勝利。この対戦が今回のベスト追走に選ばれ、3大会連続の受賞です。

20150627_06
20150627_07

開幕から全て決勝進出を果たし、今回の対戦相手は昨年のシリーズチャンピオン GOODYEAR Racing with TOPTUL の高橋選手で、長引く勝負かと思われましたが、1本目後追いの0.5のアドバンテージを守り切り呆気なく勝敗が決まりました。これで第1戦に続き今季2度目の優勝を果たしました。

20150627_08
20150627_09
20150627_10
【チーム監督 中上信吾】
今回の筑波は、2週間前に同じコースレイアウトで走る走行会に参加して、事前にライン取りやファイナルの確認が出来ていたので少し余裕を持って臨む事が出来ました。

あいにく前日の練習走行は雨になり、考えていたテストメニューは消化出来ませんでしたが、サスペンションのセットアップの方向性は確認出来き、ウェットでも良い走りが出来ていたと思います。

単走では朝の練習がウエットで決勝がドライという難しい状況でしたが、あえて勝ちを狙わず無難な走りで、少しミスはあったものの、狙い通りの2位を決めました。

20150627_11

追走では、後追いがピッタリ寄せるのが難しい今回のコースでも川畑の追走テクニックが際立ち、パワーを生かした走りで順当に勝ち上がり、今期2勝目を挙げる事が出来ました。

他にベスト追走賞、チームにはベストメカニック賞、ベストメンテナンス賞と、賞を独占する事が出来ました。

今回で単走もシリーズを狙える位置にランキングがあがりましたので、単走・追走共シリーズチャンピオンを狙って次戦エビスも更に車両をアップデートして望みたいと思います。

20150627_12
【ドライバー 川畑 真人】
今回行われた筑波のD1グランプリは逆走のレイアウトになっており、他の選手も含め走行した事がほとんど無く、イコールな条件での開催となりました。事前にテスト走行に行き、足回りやファイナルギアの確認を済ませ本番を迎えました。

練習走行では天候が悪く、路面コンディションが毎回変わり新たなセッティングデータは取れませんでしたが、周回を重ねていくうちにコースに順応し、ライン取りなどを確定しました。

単走ファイナルではミスを恐れ、消極的な走りになりましたが、2位通過することが出来、予選免除で追走トーナメントを迎えました。

ベスト16ではシリーズランキング2位の末永直人選手との対戦で接触があり、僅差の判定で勝てたのですが、次からの対戦で更に注意するように心がけました。ベスト8が終わった時点で路面状況が良くなった事から、リアタイヤの内圧を上げコントロール性を重視して唄選手と対戦した結果、終始接近した状態で走り、納得のいく追走が出来ました。高橋選手との決勝戦では、わずかなアドバンテージで勝ちましたが、本来はベスト4の対戦を上回る走りを出したかったのですが、勝ちを意識してしまい消極的な走りになってしまいました。

今回でシリーズポイント差を大きく引き離す形になりましたが、油断することなく次戦に向けて頑張りたいと思います。

20150627_13

ピットウォークでは川畑選手とGTRの人気が高く、販売ブースでのサイン会も盛況でした。

1日(土)、2日(日)のエビスサーキットになります。シリーズ後半戦に入りますが、今の結果に満足せず、
チャレンジャーとして更に上を目指し質を上げて行きたいと思っておりますので、今後とも ご支援、ご協力の程、よろしくお願い致します。

About the author /


Translate »
Top