TRUST | トータルチューンナップ トラスト

2017 ASIA PACIFIC D1 PRIMRING GP with VIAS 参戦レポート

shino-06486

2017 ASIA PACIFIC D1 PRIMRING GP
with VIAS 参戦レポート

■開催日  2017年9月16日(土) / 17日(日):単走決勝、追走
■開催地  ロシア プリムリングサーキット 特設コース

【9月16日(土) 天候:晴れ  路面:ドライ】

■リザルト №35(川畑)

単走決勝 4位

 

2017 ASIA PACIFIC D1 PRIMRING GP with VIASがロシア ウラジオストク プリムリングサーキット 特設コースで開催されました。今年で4年目となるロシアエキシビジョン戦は、これまでとコース配置やスタンド位置ががらりと変わって心機一転の大会でした。

2R2A9531

2R2A4472

金曜日 日本勢は練習走行のみで、新コースに合わせたセット変更といくつかのテストを行い、練習後にはファイナルギヤ変更などを行なって本戦に備えました。

yama-00197

shino-06486

そして迎えた土曜日は1回の練習と単走ファイナルがあり、練習ではタイヤ内圧での走りの違いを確認し、単走ファイナルでは1本目と2本目で内圧を変えて走行し、得点は伸ばしたもののライン減点が入り結果は4位でした。単走1位はロシアで人気の日比野選手で、観客は大変盛り上がっていました。

IMG_0078

2R2A7185

 

【9月17日(日) 天候:晴れ  路面:ドライ】

日曜日は追走決勝日で、ここでも朝の練習でタイヤ内圧のテストとサイドブレーキパッド摩材のテストを行いました。そして24台で争われた追走はシードのためベスト16からの走行でした。ベスト16、ベスト8はともにロシア人選手と対戦し難なく勝ち上がりました。

2R2A1122

2R2A2281

 

ここからが今回の特殊ルールで、勝ち上がったベスト4選手とは別にロシア人選手2名が敗者復活で加わり、6選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、リーグ勝者同士で決勝を行うというロシア勢優遇の『TOMOEバトル』が行なわれました。

2R2A3108

2R2A4140

このリーグ戦で川畑選手はロシア選手二人と1勝1敗となり決勝へは進めず、日比野選手と3位決定戦を戦い3位を獲得しました。優勝はTOYOTIRESの藤野選手で、ロシアのダミール選手が2位でした。

2R2A4336

2R2A4247

2R2A5600

2R2A5669

ロシアではなかなか優勝に届かず悔しい限りですが、川畑選手とGT-Rの人気の高さは実感します。来年こそは、、、と思いますので今後とも応援よろしくお願いいたします。

2R2A7168

About the author /


Translate »
Top