L O A D I N G

TRUST | GReddy トータルチューンナップ トラスト
info_image2

GReddy インテリジェントインフォメータータッチ

3.5インチフルカラー大型タッチパネルを採用。優れた視認性、簡単操作。
多くの車輌情報を表示することができるデジタルマルチモニター

車輌に装備された故障診断コネクターにカプラーオン で簡単取り付けすることで、膨大なECUデータをリアルタイムにモニタリングする事が可能!モニタリングしたい項目を5種類の表示方法6種類のメーターデ ザインから選択でき、走行中データを記録し後で再生することが可能です。車輌情報以外にも故障コードの表示、クリア(CAN通信車輌のみ)燃費計測、ギア ポジション表示、パワー計測、f-manage及びv-manageやオプションセンサー(ブースト、油温、油圧)から情報を取得等、多彩な機能を採用。

info_touch
  • CODE:16001604
  • 本体価格:¥39,800(税抜)
適合表/車種別表示項目

製品仕様

簡単取り付け

車両に装着された故障診断コネクターにカプラーオンで簡単取付。
膨大なECUデータをリアルタイムにモニタリングすることが可能です。

3.5インチタッチパネルモニターを採用

画面に直接タッチして操作できるタッチパネルを採用。
表示項目の切り替えや、設定を新感覚でスムーズに行う事ができます。
また3.5インチ 65536色フルカラー TFT液晶により視認性にも優れています。

様々な情報を表示

全表示項目

※車種により表示項目が違います。詳しくは適合表をご確認ください

回転数 車速 点火時期 スロットル スロットル% 水温 吸気温 エアフロ エアフロ%
エアフロ2 エアフロ2% インマニ圧 吸入空気 吸入空気% インジェクター インジェクター% インジェクター2 インジェクター2%
A/F制御 A/F制御2 A/F補正値 A/F補正値2 A/F補正値R A/F学習値 A/F学習値2 A/F ECU A/F ECU 2
O2電圧 O2電圧2 バッテリー ブーストSOL ブーストSOL2 排気温電圧 4WD比率 燃圧 ATF油温

燃費表示

距離 瞬間燃費 平均燃費 積算燃費
区間燃費 消費燃料 燃料代

v-manageと通信してバルタイの情報を表示

バルタイIN バルタイEX

MT車でもAT車でもギアポジション表示

ギア位置

v-manageと通信してA/Fの情報を表示

A/F1 A/F2

CAN通信対応

SO14230故障診断コネクター及び、旧日産コンサルトに加え、最新のCAN通信にも対応。幅広い車種に対応しています。

※旧日産コンサルトに対応するには、別売のNON-OBDハーネス(¥2,650)が必要です。

便利な機能

  • 記録・再生(約15分):モニタリングしているデータを記録し、後で再生する事が可能。
  • パーセント換算:スロットル電圧、エアフロ電圧など一部のモニタリング項目をパーセントに換算表示が可能。
  • 単位の切り替え:METRICとSEAから選択可能。
  • 警告:ワーニング設定は、HIとLOの2つのゾーンで設定可能。
  • ピークホールド:各項目のピーク値を記憶可能。
  • 言語:日本語と英語の2種類から選択可能。
  • フォント:数字、英語は2種類から選択可能。
  • 故障コードのスキャン及び、クリア:CAN通信車輌ではISO規格(汎用エンジン系のみ)の故障コード及び、その内容の表示と故障コードのクリアが可能。

インテリジェントインフォメータータッチ オプションパーツ

商品名 CODE 本体価格(税抜) 概要
intelligent informeter TOUCH 日産 NON-OBDハーネス 16401700 ¥2,500 旧日産故障診断装備車に取り付ける場合、本体付属のOBDハーネスと差し替えて使用します。
intelligent informeter TOUCH OBDハーネス 16401706 ¥3,800 ・intelligent informeter TOUCH本体とOBD車輌を繋ぐ為の通信ケーブルです。(補修パーツ)
intelligent informeter TOUCH OBD FD3Sハーネス 16401707 ¥3,500 ・MAZDA FD3Sにインテリジェントインフォメータータッチを取り付ける場合、本体付属のOBDハーネスと差し替えて使用します。※センサーアダプタは通常のものが使用できます。
intelligent informeter TOUCH シリアル通信ハーネス 16401701 ¥4,000 ・ f-マネージと通信を行いA/F実測値を表示(A/Fセンサーを2個取付時は両方表示可能)させることができます。
・ v-manageと通信を行いバルブタイミング実測値を表示(IN&EX車両は両方表示可能)させることが
・ v-manage、f-manageどちらか1つと通信を行う場合はデータリンクケーブルは必要ありません。
・ 接続は、電源とアースを配線し、intelligent informeter TOUCHのコネクタの端子を挿入する必要があります。
※旧日産故障診断装備車(日産NON-OBDハーネス車両)には使用できません。

何かお探しですか?

Top