L O A D I N G

TRUST | GReddy トータルチューンナップ トラスト
 
back_image%ef%bc%bfwebimage

GReddyプロフェックMAP

GReddy Profec MAPは、すでに発売中のGReddy Profecに接続して様々な要素からブースト圧補正マップを構築することで、より細かなブースト圧制御を行うことを可能にします。
さらに、Profec MAPの接続で拡張される機能はマップによるブースト圧補正に留まらず、・PCへ接続しての各パラメータ設定(別売USBケーブル使用)・ギアポジション表示 ・スピード表示 ・エンジン回転数表示 ・スロットル開度表示 ・データロガー機能・イルミ連動画面輝度変更 ・外部操作スイッチの接続(別売スイッチングハーネス使用)など、多岐に渡ります。
Profec本体のコンパクトさはそのままに、その性能を最大限引き出し、より進んだブースト圧マネージメントシステムとして活用することのできる高付加機能アイテムです。

  • CODE:15500215
  • 本体価格:¥17,000(税抜)
  • 備考: GReddy Profecと使用する商品です。GReddy PRofecは別途買い求め下さい。

Profec MAP解説ムービー

Profecソフトウェアダウンロード

GReddy Profec MAPを使用するにはProfec MAPソフトウェアが必要です。

ダウンロード開始

Profec MAPを使用する上で必要なProfec本体のアップデートも、Profec MAPソフトウェアを経由して行います。Profec MAPソフトウェアのダウンロードはこちらから行えます。

  • ファイル名:profec-map-installer-v207.EXE.zip
  • データサイズ:7.3M

ソフトウェア 動作環境

  • OS:(日本語,English対応)Windows Vista、Windows 7(32bit,64bit)
    ※ Windows XP でも動作はしますが、OS サポート期間が終了しているため、推奨できません。
  • CPU:1GHz 以上の32bit または64bit プロセッサ
  • システムメモリ:1GB 以上
  • HDD 空き容量:20MB 以上

製品仕様

補正MAPによるブースト圧補正

任意の項目を縦軸(負荷) として選択し、横軸( 回転数) の交わったマスに入力されたDUTY制御(%)に従って、ブースト圧を制御します。
※MAPのみでブースト制御したり、本体側のSET値とMAP値を合わせて制御する事が可能です。

※ProfecMAPを取り外すとProfecのみの制御になります

map
  • ブースト補正MAP
    LO BOOST / HI BOOST / SCRAMBLE の3 つのモードがあり、それぞれに2面のBOOST補正MAPで制御する事が可能。
  • ギア補正MAP各ギア数分、10×10の補正MAP を備え、ギアごとにブーストを制御する事が可能。
  • 温度補正MAP全モード共通の温度補正MAP を備えており、エンジン始動直後の冷間時や、オーバーヒートにつながる過熱時などに任意のブースト値へ制御し、タービンの過回転を抑制することができます。

回転数・スロットル開度・車速・ギアポジション・温度によるブースト制御

回転数認識

回転信号は8気筒までの信号を取り込む事が可能。
回転信号が無い車両でもクランク角から回転数を認識することが可能。

スロットル開度認識

車両のスロットル信号から電圧を取得し、スロットル開度(%)として認識可能。

車速認識

車両の車速信号からパルスを取得して速度(Km/h)として認識可能。

ギア位置認識

ギアを認識させる事でリアルタイム表示やMAP補正に使用できます。
ギア補正MAPは最大でギア6 段分まで、リアルタイム表示は、ギア8 段まで可能です。

温度認識

任意入力の温度テーブルを作ることで、ほぼ全ての温度センサーに対応します。

その他便利な機能搭載

外部操作スイッチ装着が可能

rimosui

スイッチングハーネスを装着すれば、別装着のスイッチでHIブースト、Loブースト、 又はSCRAMBLEに切り替えることが可能。 旧製品のGReddyリモートスイッチングシステムもご利用いただけます。

車両情報のリアルタイム表示

Profecモニター画面のリアルタイム表示に項目が追加されます。
複数のメーターを装着せずに、コンパクトメーターとしても使用することができます。

※回転数は3ケタ表示になります(8000rpmの場合800rpm)
※プロフェック側のアップデートに伴いブースト設定モード(Lo,Hi,SC)のデザインも変更されます。

MAPトレース機能

本体にPC を接続して、マップ内で現在読み出している値を色付き枠で表示し、視覚的な確認が可能です。

データロガー機能

本体にPC を接続して、データロガー機能を使用することができます。

イルミ連動輝度切替

イルミ連動でProfec 本体の画面輝度(昼間・夜間)を切り替えできます。

配線図

MAP_zentaizu
Tagged with:    
Top