L O A D I N G

TRUST | トータルチューンナップ トラスト
 
pmd_image

GReddy パフォーマンスダンパー タイプS PERFORMANCE DAMPER TYPE-S

サーキットを楽しみながら、タウンユースでの乗り心地を考慮したスポーツサスペンションキット

ピストンスピードが0.1m/s 以下の微低速域から十分に減衰力を発揮する[スポーツ領域]と、リニアに減衰力が立ち上がり、安定したドライビングを支える[ストリート領域]の2つの性格を併せ持つ
幅広い減衰特性がしなやかな乗り心地と、スポーツ性の両立を可能にしています。

PMD

サスペンション適合表

高い路面追従性でグリップレベルを向上

GReddyパフォーマンスダンパー TYPE-Sはストロークを犠牲にする事無く、車高調整が行なえる全長調整式を採用。車高を落としても、十分なストローク量が確保できる為、路面の追従性を高めグリップレベルを向上させます。調整方法もフロント・リア共にネジ式調整タイプなので、ミリ単位でのこだわりの車高調整も可能です。

サーキットアタック仕様から街乗りレベルまで広範囲の減衰コントロール

全領域の減衰コントロールを可能にした特殊ニードルバルブを採用。減衰調整幅もSタイヤ使用によるサーキット走行レベルからノーマルに近いストリートレベルまで広範囲に設定。

低速域でも優れた減衰力を発生

ダンパー本体は受圧面積の大きいφ46大径ピストンを採用したモノチューブ(単筒)式とすることで、低速域における優れた初期減衰の立ち上がりレスポンスを発揮します。又、薄肉化を図ったダンパーケースは高剛性と軽量化の両立を実現しています。

高い耐久性、長いリバウンドストロークのスプリングを採用

長い有効ストロークとヘタリに対する高い耐久性を持った高張力SAE9254を採用し、最適な設計を行うことで、軽量化を実現。又、リアスプリングには250mmバリアブルスプリングを採用し、長いリバウンドストロークを確保。(一部車種除く)

タイトなコーナーでも腰砕けにならない粘りのあるコーナリングを実現

バンプラバーを底付き防止ストッパーとしてのみ使用するのではなく、一定のストローク以上ではスプリングの一種として積極的に利用させる設計としています。そのことで、タイトなコーナーでも腰砕けにならない、粘りのあるコーナリングを実現。

アルミ製ブラケット

ストラット車を除く全車種にアルミ製削り出しブラケットを標準装着し、本体軽量化に大きく貢献しています。

ピロボール調整式アッパーマウント

ストラット車のフロントには調整式ピロボールタイプのアッパーマウントを標準装備。ベアリングマウントの左右に付いた目盛で、正確なキャンバー調整が行なえます。(一部車種除く)

強化ゴム式アッパーマウント

フロントストラットタイプ車以外の全車には静粛性の高い強化ゴム式のアッパーマウントを採用。40mm厚のダンパーゴムの使用で衝撃吸収性にも優れています。

延長コントロールケーブル付属

リアダンパー取り付け部がリアシェルフ(スピーカーボード)下に隠れてしまう車種には、分解式延長コントロールケーブルを付属。

車高調整レンチ付属

GReddyサスペンションシリーズ オーバーホールサービス

トラストはカートリッジ交換によるオーバーホールを行っています。一般的な車高調と違い、ご使用中の車高調を分解、送付する必要がありません。
これにより長期間車両を使用できない状態や、一時的に純正サスペンションに戻す必要がないため、無駄なくスムーズにオーバーホールを行えます。

Tagged with:    
Top